本文へ

キャバクラって風俗じゃないの?

「キャバって言ってもキャバクラとか、セクキャバとか、いちゃキャバとか色々あって風俗なのか飲み屋なのかよくわからない」という女の子もいらっしゃるでしょう。

初めての女の子からしたら、そもそも怪しいイメージが付きまとうのがナイトワークかもしれません。グレーな部分がある線引きですが、お店選びを間違えないために法的な線引きについてご紹介します。

 

飲み屋も風俗も風営法の届出が必要

キャバクラにしてもガールズバーにしてもピンクサロンにしてもデリヘルにしても、必ず警察に風営法の届け出を出さなければなりません。それぞれの業種によって出すべき許可が違います。○号許可というものです。

 

キャバクラ、ホストクラブなど

普通のキャバクラやホストクラブのように、お客さんの隣に座りお酒を出して会話をすると言った接待行為を行うお店は、風俗営業2号許可が必要になります。スナックでもこの届出で営業しているところがあります。

 

特徴は接待が許されているという点です。接待の定義はなかなか難しいのですが、お店の人はタバコや飲み物のケア、カラオケのデュエット、軽度のスキンシップ、隣に座ることと捉えているケースが多いです。性的サービスは含まれていないので、俗にいう風俗店という分類ではありません。

 

営業時間の制限があり、この届出で営業しているお店は深夜0時が営業終了時間です。「えっ、朝までやってるお店多いじゃん」と思う女の子も多いと思いますが、実は違法です。警察への言い訳としては「お客さんが残っていた」というお店が多いですが、今まで何も問題なかったのは、ただのお目こぼしだと考えた方が良いです。

 

スナック、ガールズバーなど

スナックやガールズバーは風俗営業の許可証がないお店もあります。そう言った場合は、深夜飲食店営業許可で営業しています。文字通り深夜に営業できる飲食店という括りです。ただの飲食店なので接待行為はできません。スナックのママが風営法違反で逮捕されることがあるのは、深夜飲食の届出で営業しているのに隣に座ったりカラオケをデュエットしたりというケースが多いのです。

 

その代わり深夜0時を回っても営業をすることができます。カウンター越しの接客しかしないガールズバーが典型的な業態です。

 

セクキャバ、ピンサロ、おっパブなど

実はこれらのお店は普通のキャバクラと同じ「2号営業」で営業しています。と、言っても明確に営業していいと言われているわけではなく、グレーゾーンなだけです。

 

ブースでおっぱいを吸われるのも、おさわりをされるのも、フェラするのも「お客様とキャストの自由恋愛です」という屁理屈で成り立っています。ですので、これらのお店は性風俗店ですらないという法的な括りです。いつ摘発されても文句は言えない業種と言えます。

 

結局は自分で見分けるしかない

というわけで、キャバクラは風俗ではありませんが、キャバクラと同じ許可で行なっているグレーなお店もあります。まともなお店であれば、どちらの業種でも求人内容に誤解を生まないように明記するはずですが、悪質なお店もないわけではありません。面接に行ってどうも様子がおかしい、思っていたのと違うと感じたら、きっぱり断って帰りましょう。

 

マイラウンジでは風俗店やセクキャバ、オッパブなどと言われているお店には紹介していません!

マイラウンジも厚生労働省の許可を得て紹介業をしているため、グレーなお店に紹介することはデメリットなのです。

ちゃんとしたキャバクラやラウンジのお店で働きたい場合は、マイラウンジなどの紹介会社を利用すると安心だと思います。