本文へ

「アフター」とはどんなシステム?メリットや注意点について

ナイトワーク業界では多くの専門用語がありますよね。

その中から、今回は「アフター」について詳しく説明したいと思います。

メリットが多い反面、注意したいポイントもいくつかありますので、上手にアフターを利用して売上アップにつなげちゃいましょう!

 

 

「アフター」って何?

「アフター」とは、勤務時間が終わったあとに、キャバ嬢がお客様と待ち合わせて食事や飲みにいくことです。

お店の営業時間の前にお客様とプライベートな時間を過ごすことを「同伴」と言いますので、同伴の逆バーションですね。

アフターでよく行くのは、カラオケや居酒屋、焼肉店、バーなど。キャバ嬢と一緒に他のキャバクラ店に行くパターンも少なくありません。

 

 

アフターにはどんなメリットがある?

アフターはお店から強制されるものではなく、あくまでキャバ嬢個人のサービスです。

「お仕事が終わって疲れているのに、まだお客様に付き合うのは嫌」というキャバ嬢もいますが、実はアフターには魅力的なメリットがたくさんあるのを知っていますか?

 

お客様がまた来店してくれる確率が大幅アップ

アフターにお給料が発生しないことは、お客様ももちろん理解しています。

それなのに、アフターに付き合ってくれる女の子に対して、お客様は「自分もお返ししなければ」という心理が働きます。

また、お店に来てくれるのはもちろん、同伴もお願いしやすくなりますよ!

 

ノリの良さがウケることも!

お酒が好きなキャバ嬢のなかには、実は自分が飲み足りないからお客様を誘うパターンが多いようです。もちろん本当の理由はお客様には内緒。

「もっと一緒にいたいからアフター行こうよ」と誘われたお客様は悪い気はしませんよね。

ノリの良い子だな、と好感を持って次も指名してくれる可能性大です。

 

感謝の思いがお客様に伝わる

常連の指名客や1回の来店で大きな金額を使ってくれるお客様に感謝の気持ちを込めて、アフターをするキャバ嬢もいます。

「いつもありがとうございます!本当に感謝してます!!」と100回言われるより、1回のアフターのほうが感謝の思いがお客様には伝わるものです。

 

 

 

アフターのときはここに注意!

メリットが多いアフターですが、状況や行先によっては身の危険を感じる羽目に。

しっかりと注意点を守って、楽しく過ごしてくださいね。

 

酔いつぶれるのは絶対にNG

記憶がなくなるほど飲むのはやめましょう。

自分の飲酒量の限界値を把握して、それを超えないようにしてください。

お酒に飲まれた醜態をさらしてしまうとお客様は興ざめですし、もっと悪い場合は朝起きたらホテルにいた…なんて事にもなりかねません。

 

時間を決めておく

アフターのときは、何時までと時間を決めておく

時間管理が自己責任のアフターは、油断するとついダラダラと長引きがちです。

お客様には「ちょっと物足りない」と思わせるくらいが、次の来店につなげるためにはちょうど良いタイミング。

ボロを出さないためにも、お客様とあまり長い時間一緒にいるのは控えたほうが良さそうです。

 

お別れするときはお客様をお見送り

アフターが終わって解散するときは、必ずあなたの方からお客様を見送る形にします。

お客様に送ってもらうと、あなたの住所や最寄駅がばれて、のちのちトラブルの原因になりかねません。

「送るよ」と言われても(やんわりと)お断わりしてください。

 

まとめ

アフターは苦手というキャバ嬢も結構いますが、ご紹介したようにメリットもたくさんあります。トラブルに巻き込まれないように自分の身は自分で守りながら、アフターを積極的にこなすのが売れっ子キャバ嬢への近道かもしれません。