本文へ

キャバ嬢の㊙テクニック!お客さんとのLINEのやり取りとは

キャバ嬢にとってお客さんとのLINEのやり取りは、自分の売り上げを確保する上でも生命線になります。LINE上で親密な関係を保って来店につなげるにはどのようなLINEが効果的なのでしょうか。

営業感強めのLINEはNG

「お店に来てください」「今日暇なんで一緒に飲みたいなー」「最近お店であってないから寂しい」等のザ・営業LINEは意味がないのでやめたほうがいいでしょう。女の子の中には「お客さんに勘違いさせないように、あえて明確に営業とわかるようなメッセージを送る」なんてことを言う子もいますが、それならそれでもっとうまいやり方をするべきです。露骨すぎる営業メールは「あなたのことに全く興味はないけれどもお金は落としてほしい」と言っているのと変わりません。気分が良くなる男性はいないでしょう。

お客さんの鏡になる

キャバ嬢はお客さんに好きになってもらわなければなりません。もちろん好きになると言っても疑似恋愛ですので、あまりにも勘違いをさせるような言動はいけませんが、LINEのやりとりでときめきを感じてもらうことは必要です。

 

基本的に人は自分に似ているかもと感じている人に魅力を感じるようにできています。趣味が近い、好きなものが似ている、会話のテンポ、生活リズムなど…。相手の好きなものや行動パターンを読み取ってそれに合わせたLINEの返信をすることでお客さんの気持ちは盛り上がっていきます。

もちろん、好きでもないものや興味のあるものに関して全部合わせるのはやめたほうがいいです。もしバレてしまったら適当な対応をされた気分になるでしょうし、お店に来てもらいたいから話を合わせてるんだなと思って離れていってしまいます。わからないものはわからないと言いつつ、内容以上にやり取り自体を楽しんでもらえばいいわけです。

 

そのためにはお客さんのLINEの大体の文字数、LINEをやり取りする時間帯、使うスタンプや顔文字の傾向などを掴んで真似していくのが効果的です。「なんだかこの子のLINEタイミングがいいな」「この子とLINEしてるとテンポよくて楽しいな」など内容よりもストレスなくできるやり取りに魅力を感じるケースが結構多いです。

 

コミュニケーションを気軽に取れるようになれば、お店に来てもらえる可能性も上がります。擬似恋愛をしているお客さんにとってはLINEだけでは物足りなくなってくるので、会いたくなるのは当然の心模様です。

※「お客様と「疑似恋愛」しているつもりが本気になったら?!」はこちら

スタンプや顔文字は多めで

お客さんとのLINEの話題に困るという女の子も多いでしょう。何せお店で数十分や1時間話しただけです。話題はすぐに尽きてしまうかもしれません。ですので、LINEの内容というよりやり取り自体を楽しい雰囲気にする工夫が必要です。

 

スタンプや顔文字は適度に使えばとても有効です。ただし顔文字だらけの文章は読みにくいと感じる方もいますし、馬鹿っぽく見えてしまうこともあります。文末などに適度に使いましょう。スタンプに関しては面白い系のものであればお客さんからツッコミが入ってくれたりもするので、それ自体がコミュニケーションツールになり得ます。ただし、調子に乗って連投するのは避けましょう。手抜きっぽく感じられる場合もありますし、連投されるたびに通知音が来るのを嫌がる人も多いです。

画像や動画も効果的に使う

時には反応しやすい画像や動画を送信してあげるのもテクニックです。お客さんから教えてもらったお店やスポットに行った撮影した写真ならお客さんのコメントにも熱が入るでしょう。ただ、面白画像や動画を適当に送るのはNG。あくまで大人のやり取りの範囲内での使用にとどめましょう。

長文は避ける

たまに日記風の長文LINEを送る女の子がいます。最初のうちはお客さんもしっかり読んでコメントをくれるかもしれませんが、そのうち「重い」「内容を全部拾ってあげるのに疲れた」と感じるようになり、やり取りがへていく危険があります。あくまで、お店に来てもらうことを最終目的にしたコミュニケーションのツールですので、LINE上で面倒臭がられては元も子もありません。ライトにテンポよいLINEを心がけましょう。

時には既読スルーも

会えて既読スルーをすることで男性の嫉妬心を煽るというテクニックもあります。この場合は、必ず既読スルーをした後は丁寧に普段より密なやり取りを行うこと。既読スルーをされた男性は「他の男と会っているんじゃないか」「自分が何か不愉快にさせることを言ったんじゃないか」などやきもきしていますので、アフターフォローをしっかりすることで安心と喜びが深まります。

 

ただ、あまり頻繁に使うのは考えものです。単なるやり取りがルーズな女性と思われたり、「本当は自分なんてどうでもいいんだろ」と思われてしまいます。

まとめ:LINEは手軽に営業活動できる最強ツール

キャバ嬢にとってLINEは、営業感を出せずにお客さんと連絡が取れる最強のツールです。うまく活用して指名数をバンバンあげましょう!