本文へ

【要チェック】キャバ嬢に人気の稼げるシャンパン!

シャンパンのボトルはいわばキャバ嬢のステータスです。場内でシャンパンが入ると

注目されますし、歩合でお給料も高額になります。お店によって最大で5〜10万円程度は、同じ銘柄のシャンパンで値段に差がでるケースもあります。今回紹介する価格はあくまで平均的なお店の価格と考えて下さい。

 

シャンパンの定義

キャバクラにおけるシャンパンの定義は「炭酸の入った白かロゼのワイン」です。ですのでお店の女の子同士やスタッフと会話をする場合はその認識で大丈夫ですが、一般的な定義とは異なるので注意が必要です。

 

正確には「フランスのシャンパーニュ地方で作られ、フランス政府が定めるシャンパーニュ製造法を守って作られたスパークリングワイン」のことをさします。要はブランドなのです。どんなに品質が良くても、日本やアメリカで作られたスパークリングワインをシャンパンと呼ぶ事は本来できません。

 

とはいえ、お客さんもよほど詳しい人でない限りは、そこまで厳密に気にする人はいません。豆知識としておぼえておけばよいでしょう。

 

モエ・エ・シャンドン系

出典:https://moet.jp/restaurant/

モエとかモエシャンと呼ばれるポピュラーなシャンパンです。シャンパンの中では、比較的気楽にオーダーできる価格帯となっています。

 

モエアンペリアル

出典:https://moet.jp/product/MI/

モエ白と呼ばれる超定番シャンパンです。価格は2〜3万円程度が相場で、飲みやすいため女の子にも人気があります。

 

ロゼアンペリアル

出典:https://moet.jp/product/RI/

ピンク色のラベルがかわいいキャバクラにぴったりのモエです。ロゼなのでお酒の色もピンク色で華やか。グラスに注げば一気にパーティーな空気になるでしょう。味はやや酸っぱい。価格は4〜4万5千円程度です。

 

ネクターアンペリアル

出典:https://moet.jp/product/NI/

黒のボトルが高級感のあるモエです。味はネクターというだけあり、甘い桃の風味が女の子にも人気です。価格は4〜4万5千円程度です。

 

ネクターアンペリアルロゼ

出典:https://moet.jp/product/NIR/

ネクターアンペリアルのロゼで、より甘くフルーティーなシャンパンです。ボトルの底のスイッチをオンにするとボトルが光るので、周りから見ても華やかなテーブルになります。価格は4〜4万5千円程度です。

 

ドン・ペリニヨン系

出典:https://www.mhdkk.com/brands/dom_perignon/

ドンペリといえば夜の世界の王様的なシャンパンです。キャバクラ以外でもホストクラブなどでも人気があります。じっくり熟成した最高級シャンパンの代名詞です。店によって価格が全然違います。味は苦手という女の子が多く、好みが別れる様です。

 

ドン ペリニヨン

 

ドン白と呼れるオーソドックスなシャンパンです。価格帯は6〜15万円。

 

ドン ペリニヨン ロゼ

 

ドン白に比べるとソフトな口当たりです。ロゼなのでピンク色をしており、テーブルを華やかに演出します。価格帯は10〜25万円。

 

ドン ペリニヨン レゼルヴ・ドゥ・ラベイ

 

ドンペリの王様で通称「ゴールド」です。最も熟成期間が長いドンペリで価格も最高峰。50〜80万円が相場です。

 

アルマンド系

出典:http://www.adbjapan.co.jp/armand.html

アルマンドは一般的な知名度はそこまででもありませんが、キャバクラ界隈やクラブ界隈では人気のシャンパンです。アルマンドの醸造所のオーナーはラッパーのJay-Z。まさに夜の世界のためのシャンパンです。製造はパッケージを含め全て職人の手作業でおこなわれるため、当然値段も高くなります。

 

アルマンド ブリニャック ブリュット

出典:http://www.adbjapan.co.jp/armand.html

いわゆる定番のアルマンドですが、ゴールドのボトルがまぶし過ぎます。15〜30万円が相場で、これが入ればキャバ嬢のテンションはぶち上がるはずです。

 

アルマンド ブリニャック ロゼ

出典:http://www.adbjapan.co.jp/armand.html

ピンクゴールドのボトルはかわいいだけでなく、流石に高級感があります。価格は30〜50万円。もし入れば他のキャバ嬢から羨望のまなざしで眺められるでしょう。

 

アルマン ド ブリニャック ブラン・ド・ノワール

出典:http://www.adbjapan.co.jp/armand.html

最高級アルマンドのブラックボトルです。価格は40〜100万円。このボトルが入ったシートには、店長や幹部が列を作って名刺交換に訪れるでしょう。

 

ソウメイ

出典:https://soumei-jp.com/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%A6%82%E8%A6%81/

ソウメイは比較的新しい銘柄で、大幅に糖質カットされている事で話題になりました。

夜のお仕事中に糖分を取るのを控えたい女の子にも人気で、ダイエット中でも安心です。価格帯は7〜50万円の間でラインナップがあります。

 

スパークリングワイン系

出典:http://www.cafedeparis.jp/about/

本来の意味でのシャンパンではないですが、キャバクラにおけるシャンパンはスパークリングワインも含みます。値段はグッと下がり、5000円から1万円程度。キャバ嬢としては「もうちょっと頑張ってよ!」とお客さんに言いたくなりますが、グッとこらえて喜びの表情を見せる事に徹しましょう。カフェドパリやポンパドールなどが一般的です。味は甘めでお酒が苦手な女の子にとっては、むしろ飲みやすいかもしれません。

 

シャンパンには夢がある

シャンパンは高い物になると30万円超えもあるので、一撃の収入が期待できる「夢のボトル」です。ウィスキーや焼酎と違ってボトルをいれたから通うというよりは、通った結果シャンパンを入れてあげたり、記念日だからシャンパンを入れると言ったオーダーになります。うまくお客さんとの距離を縮めて空気を盛り上げれば、一撃100万円もいつかはかなうかもしれませんね。