本文へ

気になるキャバ嬢の美容整形事情!

整形をして稼げるようになりたいという方、整形費用を稼ぐためにキャバ嬢になるという方、どちらも美に賭ける気持ちはよく理解できます。世の中には整形を叩く人たちもいますが、自分にとってメリットがあることであれば他人の言うことばかり気にしていては仕方ありません。自分のためにどんどん美しくなりましょう!

整形するメリット

キャバ嬢が整形するメリットは単純に売り上げに直結すると言うメリットがあります。夜の世界で生きる女性にとって美しさは非常に重要です。どのようなメリットがあるのか具体的にみていきます。

自分に自信が持てる

整形をすることで自分の顔に自信が持てるようになり、性格が明るくなったと言う声は多いです。自分に自信がなかった頃はどこか引っ込み思案で堂々と振る舞うことができなかったとキャバ嬢が、整形を機に性格まで変わったと言うケースもあります。自分に自信を持つことで、これまでできなかったことにも挑戦できるようになり、人生の可能性が広がるのです。

メイクの時間が短くなる

実質的な部分では、これまで自分の欠点をカバーすべくメイクにかけていた時間が必要なくなり、時間がかからなくなったと言う声も多いです。下地はともかくアイライン等は、時間がかからなくなるばかりか消費も減ります。出勤前の準備の時間が短縮できるのは女子にとっては嬉しいです。

※「初心者キャバ嬢必見!結構使えるプチプラコスメ!リップ5選!」はこちら

※「キャバ嬢メイク術「肌、作っていますから」いい仕事するファンデはこれ!」はこちら

指名が増え稼げる額が増えた

夜の世界で生きる女子としてはやっぱり見た目が売り上げを左右します。整形をしてから明らかに指名客やボトルが増え、美容整形にかかったお金はすぐにペイできたという女の子も多数です。

※「お金持ちの男性を見抜いて「太客」をつかもう!」はこちら

整形するデメリット

一方で整形することでのデメリットも当然あります。健康な肉体を引っ張ったり削ったりするわけですから、本来人体には不要な施術です。肉体的なリスクは当然発生するので、自己責任と言うのを肝に命じなければなりません。

ダウンタイムは出勤できない

美容整形手術を行った後しばらくはダウンタイムといって顔が腫れたり痛みがひどく、人前に出られません。当然出勤もできません。軽い手術でも1〜2週間はまぶたや花が腫れますし、大規模な手術だと数ヶ月顔に包帯を巻いて過ごさないといけない場合もあります。

生活に支障をきたすことがある

手術後は当然生活に支障をきたします。下手に触ることはできませんし、痒くても我慢しなくてはいけません。口を開けるたびに痛むので食事も満足に食べられませんし、外に出れないのでその間は当然無収入で生活することになります。

また、ダウンタイムが終わっても、これまでとは違った悩みが出る場合があります。顔が小さくなったのはいいけれども骨が痛む。口を開けづらくなりものが上手に噛めない。美しさの代償として別のストレスを抱えることがあるのは頭に入れておきましょう。

手軽にできる美容整形術

顔の骨をゴリゴリ削るような手術は怖くて勇気が出ないけど、まぶたを二重にしたり目をぱっちりさせるくらいなら興味があるというキャバ嬢もいるでしょう。そんな方にオススメの美容整形術をご紹介します。

プチ整形の代表例「埋没法」

ぱっちりした二重のまぶたを作るのに最も手軽な美容整形手術が埋没法です。手術といっても切ったり縫ったりということはなく、まぶたを糸で縛るだけ。麻酔はしますが手術時間も10〜15分程度と非常に短くお手軽で安心なのが魅力です。

埋没法ではまぶたの裏側に糸を通して、皮膚を縛ることで物理的に二重を作り出します。糸で縛るということはいつか緩むということ。とはいっても短い人で3年程度は持つということなので、3年周期くらいで再度手術を受ければぱっちり二重をキープできます。

価格でいうと5〜10万円程度なので、キャバ嬢として稼げる額を考えると安いものでしょう。糸で結ぶだけですが多少は晴れるので2週間程度は出勤を控えた方が良いです。埋没法を受けに行くことをお店に思い切って伝えてもいいでしょう。

まとめ:まずは難易度が低く安全なものから試そう

埋没法より本格的な切開法や、顔の骨を削るような手術もありますが、いきなり全部改造するのは危険です。体調と相談しながら少しずつ無理なく行うことが大切です。特に切ったり削ったりする手術の場合、施術してしまうと元に戻すことはできません。ルックス的なものはともかく、痛みや生活への思わぬ支障がでる場合がありますので石とも相談の上、QOL(Quality of Life)を下げることがないような計画を立てましょう。