本文へ

体験入店って何?システムや基本的な流れをご紹介!

ナイトワーク初心者でも、「体験入店」という言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか。キャバ嬢のお仕事が初めての人も経験者の人も、新しいお店で働くときは、まず体験入店から始まります。体験入店とは何なのか、実際の流れにそって説明します。

 

 

体験入店とは

キャバクラのお店で働くとき、本契約をする前に“お試し期間”として1日または数日間実際にお店に出てキャバ嬢として仕事をすることを「体験入店(略して体入)」といいます。

もし、「このお店は何だか自分には合わないな」と思ったら、こちらからお断わりしても何も問題はありません。

 

体験入店のメリット

体験入店は、キャバ嬢にとってもお店にとってもメリットがあります。キャバクラもお店によってカラーがまったく違いますので、例え1日だけだったとしても実際に働いてみることで、そのお店が自分の個性に合っているかどうかが何となく分かるでしょう。

 

それはお店側にとっても同様で、あなたが店で活躍できそうかどうか体験入店中にチェックできますので、お互いにミスマッチを防げるというわけです。

 

体験入店時のチェックポイント

体験入店の時にチェックするべきポイントは、他のキャバ嬢たちの雰囲気や年齢層、お客様の態度やキャバ嬢に対する接し方、お店のスタッフの感じの良し悪しなどです。

もし、あなたが社交的なタイプなら、賑やかでみんなでわいわい騒ぐノリのお店でもついていけるでしょう。逆におとなしめのタイプなら、キャバ嬢の年齢層がやや高めの落ち着いた雰囲気のお店を探すほうが良いと思います。

 

その日の仕事ぶりで時給が決まりますので、お試しだからと言って気を抜かないように注意してください。

 

 

体験入店の流れ

これから、実際に体験入店の始まりから終わりまでの流れを見ていきます。

体験入店したいお店を決める

「ここで働いてみたいな」というお店が見つかったら、まずは応募です。

応募の際に、あらかじめ体入希望日時を決めておくとスムーズに話しが進みますよ。

 

面接

体験入店の前に面接を受けます。面接では、笑顔を絶やさずハキハキと受け答えしてください。気になることがあれば、遠慮せずに積極的に質問してみましょう。

 

仕事内容の説明を受ける

面接を無事クリアしたら、スタッフさんからお店のルールやお酒の作り方など、お仕事内容の説明があります。

キャバ嬢が安心してお仕事ができるようにサポートしてくれるお店かどうか、この時点で何となく分かってきます。

 

キャバドレスに着替えてお仕事開始

華やかなキャバトレスに着替えて、ヘアメイクさんに可愛くセットしてもらったらいよいよお仕事開始です。接客をしながら、お店と自分との相性を確かめましょう。

お仕事については、初めから完璧にこなせる人は誰もいません。少しくらい失敗しても落ち込まずに、とにかく笑顔で楽しむことを心がけてくださいね。

 

体験入店終了

お仕事が終えたら、スタッフさんに体入の感想をお話しします。

好感触だったならそのまま本入店しても良いですし、しっくりこないなら無理をせずお断りしてください。

その日のお給料を受け取って、自宅まで車で送ってもらい、体験入店は終了です。

 

 

まとめ

ナイトワーク初心者にとって体験入店は、とても心強いシステムです。

1軒目で良いお店と巡り合えればラッキーですが、その他のお店でも体入してみると、自分に合ったお店が見つかる可能性が広がるかもしれません。