本文へ

お店にとっては大迷惑の「体入荒らし」とは?

キャバクラでは、本入店の前にとりあえずお試しで実際にお仕事ができる「体験入店(体入)」というシステムがあります。

お店の雰囲気や客層が分かるうえに、その日の分のお給料もきちんと支払ってもらえるので、初めてキャバ嬢に挑戦する人にとっても心強いですよね。

 

ところが、この体入を逆手にとって、お店にとっては迷惑のこのうえない行為を繰り返す人たちがいます。それが「体入荒らし」。

 

体入荒らしとは何なのかをしっかり説明しますので、お店のスタッフから「この人、体入荒らしかも?」と疑われないように注意しましょうね!

 

 

「体入荒らし」とは?

“面接を受けたお店で働く気がないにも関わらず、体験入店を申し込む”

これを何度も繰り返すことを「体入荒らし」と呼びます。

 

お試しとはいえ、働いた分のお給料はその日のうちに全額受け取れるので、手っ取り早くお金が欲しい人や、お金に困っている人が体入荒らしをするケースが多いです。

その他の理由としては、決まったお店に束縛されたくない・体入のほうが時給が良い・時間がなくて本入店はできないのでとりあえず体入で稼ぎたい、などなど。

日雇いキャバ嬢の感覚で体入荒らしをする人もいます。

 

 

「体入荒らし」だと間違えられないために注意したいポイント

お店にとっては、時間と労力とお金の無駄でしかない体入荒らし。

そのため、どこのお店でも面接のときに女の子が本気で働きたいのか、はたまた体入荒らしなのか、きちんとチェックしています。

これからご紹介する面接での数々の行動は、疑いの目で見られかねないNG行動です。

 

服装

ジーパンなどカジュアルすぎる服装は、やる気がないかナイトワークだからと見下しているかのどちらかだと思われても仕方ありません。

 

メイク

派手なら良いというものでもありませんが、ノーメイクやすっぴんに近い地味すぎるお化粧はキャバ嬢の適性ナシと判断されます。体験入店までたどりつけない可能性大です。

 

態度

面接中に、話しを聞いているのかいないのかよく分からない態度でいれば、本入店する気があるのか?と疑われて当然です。

 

逆に、必死過ぎるアピールも体入したいための嘘では?と疑われかねません。

出勤の希望日を聞かれた時に「毎日でも大丈夫です!」などと言う人にかぎって、体入荒らしだったりするんです。

 

体験入店時の接客

体入荒らしをする人の立場で考えると、どうせ1日限りのお仕事ですから、接客に身が入るわけがありません。“適当に時間をやり過ごせればOK”という接客態度になりがちです。場内指名を取ろうとしなかったり、他のキャバ嬢たちに興味を持っていない感が出ていたりするとかなり怪しいです。

 

 

まとめ

体入荒らしとは何か、体入荒らしをする人の特徴も合わせて見てきました。

体入荒らしだと間違われないように、面接のときは誠実さと真剣さを持って臨んでくださいね!