本文へ

初心者必見!キャバクラで働く上で必要になる4つのアイテム

「きらめく夜の蝶」として、世の男性のハートを鷲掴みにするキャバクラ嬢。このキャバクラ嬢として働いて、輝きを得ながらお金もたっぷり稼いでみたい。

 

でもその為には、備えておくべきアイテムがあるのを忘れてはいけません。

 

ここでは初心者がキャバクラで働く上で必要になるアイテムについて、定番のアイテムから、意外と見落としがちなものまで、ご紹介したいと思います。

「きらめく夜の蝶」の必須アイテム!キャバドレス

まずはきらめく夜の蝶に変身する為のキャバドレスです。キャバクラ嬢のマストアイテムの中でも絶対に外せないものですね。

 

でもこれからキャバクラで働こうという初心者女性の中には、「キャバドレスってどこで買えばいいのかわからない・・・」という人もいるかもしれません。

 

キャバドレスはどこで買えるの?

キャバドレスは通常、取扱い専門店で購入します。多くの場合、専門店はやはりキャバクラ店が密集エリアの中、および近くにあることが多いです。

 

例えば東京であれば銀座や新宿エリア、大阪であれば心斎橋エリアにもキャバクラは多数ありますが、そういったエリアの中に、キャバドレスの専門店が何件かあるようです。

 

お店で購入することのメリットは、直接商品を手に取って、質感やサイズ感を確かめることが出来、試着して着心地を確認できるということですね。ただ場合によっては、キャバクラのお店の近くに、キャバドレスの取扱専門店がないというもあるでしょう。

 

そのような場合には、キャバドレスの通販サイトで購入する、という方法もあります。

 

今は、キャバドレスの通販サイトも多数立ち上がっており、それぞれのサイトの特徴や強みといったものがあります。できるだけリーズナブルな価格設定の商品を主力にしているサイトもあれば、高級路線のサイトもあります。

 

他にもジャンルとして、セクシー系などのドレスを多数出品しているところや、お嬢様系のドレスをメインにしているお店もありますので、自分の趣向にあったところを選ぶことが大切です。

 

キャバドレスはいくらくらいで買えるの?

このようにキャバドレスにも豊富なジャンルがあるので、キャバドレスの料金も幅が広いです。もっとも安いモノであれば、ミニドレスタイプで1万円前後から販売しているようです。

 

どんなドレスを買ったらいいかわからないという初心者の女性や、金銭的な事情であまりお金をかけたくないというような場合は、とりあえずこのような低価格帯のドレスでもいいでしょう。

 

ですがある程度、素材や装飾などに凝りたい場合などは、あまり安すぎるものよりは、ある程度の出費は覚悟したほうがいいでしょう。なんといっても、キャバドレスは基本アイテムです。

 

ただ入店したばっかりのような場合や、「体験入店」のような長期間勤務するかどうかわからないような場合には、専門店や通販サイトで購入するという方法の他に、予めキャバクラのお店でストックしているものをレンタルする方法もあります。

 

ただしレンタル料金が必要になる場合もありますし、サイズや質感、デザインなどがジャストフィットしたものに巡り合えるとは限りません。

 

繰り返しますが、キャバドレスは自分をアピールする為の最大のツール。やはり最終的にはお好みのものを探して、購入することをお勧めします。

 

指先からセクシーに!ネイルでアピールすることも有効

キャバドレスと並んで、気合をいれるべきアイテムがネイルです。

なぜかといえば、キャバクラ嬢にとってネイルとは、お客さんのたばこの火をつけたり、ワイングラスを注いだりするときに、絶対に目がつく部分だからです。

 

実のところ男性が女性にセクシーさを感じるポイントは、顔やボディラインだけに限りません。妖艶な色使いを放つ指先にも、うっとりしてしまうのです。

そういう意味では自分でするよりも、出来るだけプロのネイリストさんにお願いしたほうが、仕上がりが調うのでオススメです。

 

案外見落としがち!?小物類にも気を抜かないで

案外見落としがちですが、名刺や名刺入れ、ライターといった小物類もきっちりと用意して、効果的にアピールします。

 

名刺

名刺は、キャバクラ嬢にとって、もう一つの「顔」となるアイテムです。キャバクラではフリー指名の場合など、お客さんが複数のキャバクラ嬢とトークを楽しむケースがあります。お客さんのハートを掴むためには、自分の名刺で最大限の自己アピールをして、自分のことを知ってもらう必要があります。

 

カワイイ系/美人系/天然系…etc 自分の外見や性格キャラクターを、後から名刺を見て思い出してもらえるように、適度に文面を工夫しましょう。名刺は通常、お店側からあらかじめ決まったフォーマットを指定され、そこに自分のお好みのレイアウトを指定します。

 

体験入店など長期間働くかわからないような場合は、お店側から手書きの名刺を支給される場合もあります。

 

名刺入れ

名刺入れにも気をつけます。そんなに高価なものを用意する必要はないですが、あまりにも地味すぎるようなものは避けましょう。

 

ライター

お客さんのたばこに火をつけるときに差し出すアイテムですから、名刺入れと同じく、地味すぎたりチープな印象を受けるようなものは避けるのが吉。

 

キャバクラ嬢の場合はクラブのママさん等よりも、基本的に年齢層が若いことが多いので、ライターのデザインも少しオシャレ目なくらいなほうがいいかもしれません。