本文へ

お酒が飲めなくても人気キャバ嬢になるためのテクニック

    「高収入を狙えるキャバ嬢には憧れるけど、お酒飲めないから働けないんじゃないか」という女の子も多いのではないでしょうか。確かにお酒を飲める子に比べれば苦労する面は多いかもしれませんが、お酒を飲めない子がキャバクラで稼げないかというとそうとも言い切れません。中には人気嬢になる子もいます。今回はお酒を飲まずに人気キャバ嬢になるためのテクニックをご紹介します。

飲まずにキャバ嬢やるためには店選びが重要

お酒を飲めない子がキャバ嬢をやるために最も重要なのが店選びです。と言っても今求人広告を見るとほとんどのお店の募集で「お酒飲めなくても大丈夫」的な文言が書いてあります。

募集を出している側からするとお酒飲めなくても大丈夫というのは嘘ではありません。ただし、お店によってニュアンスが違います。「お酒飲めなくてもそれで稼げるなら入店していいよ」というニュアンスのお店も多いです。このタイプの店に入店してしまうと店側があまりサポートをしてくれないため、苦労する可能性が高くなります。飲めないのも勝手だけど、苦労するのも自己責任というわけです。

「そんなんだったら最初から採用してくれないほうがいい」と思うでしょうが、おそらく採用になったのはあなたがそれなりに綺麗だったからです。ブス+酒が飲めないだと問答無用で落とされるでしょうが、ルックスが良ければ「新人のうちは指名入るかも」という期待で入店させます。店を辞める子は何にしても多いので、酒が理由で止めようが何だろうが店としては「はい、さようなら」でおしまいです。

ですので、入店時にお酒が飲めないということを伝えるのはもちろんとして、「他にお酒が飲めない子は働いているか」「ドリンクはフェイクドリンクが存在するか」「ボトルが入った時に飲めないことを伝えてOKな雰囲気か」等の確認はしたほうがいいです。ここで女の子を大切にするお店なら、店側がとっている対応策を細かく教えてくれます。逆に説明が雑な場合は入店を避けたほうがいいでしょう。

割ものやグラス系のドリンクならごまかしやすい

お客さんからドリンクをいただいた際に女の子がボーイにそれを伝えるわけですが、その際に決まった呼び方やメモの渡し方をすることでソフトドリンクを持ってきてもらうのが一般的です。例えばウーロンハイを「ウーロン割り」といえばアルコール抜きの合図、メニューを書いた付箋を折ったり☆マークをつければアルコール抜きの合図といった具合です。

しかし、中には意地悪な客がいて女の子がもらったドリンクがお酒かどうか確認を迫る場合があります。「1杯1,000円以上も取るのにソフトドリンク飲むなんて詐欺だ」というわけです。こういったお客の対策としてグラスの縁にリキュールを塗っておくお店もあります。これなら酒の匂いがするのでお客さんも納得します。ただ、これはすべてのお店でやってくれるわけではありません。

そもそもドリンクが酒かどうか確認してくるような客はレベルが低く関わってもいいことがないので、あまり気にしてもしょうがないです。しかし客を邪険にしているところを他の客や同僚、ボーイに見られるのは大きなマイナスですので、可能な限り対策してもらうようにしたいところです。

※「上手な場内指名の取り方とは?」はこちら

ボトルが入った場合の回避法

困るのはボトルが入った時。流石にその場でボトルからグラスに注がれたお酒に関してごまかすことはできません。これに関しては正直に飲めないということを伝えるしかないでしょう。ですので、そもそもボトルが入りそうな席にはつかないという対策が挙げられます。これはボトルを入れて売り上げを上げることは諦めざるを得ないということも意味します。自分が飲めないということを知ってもらった上でお客さんが自分が飲む用のボトルを入れるのは、相当お客さんに気に入られないと難しいでしょう。

また、ヘルプにつける席も制限されます。ヘルプについた席で「お酒飲めません」というのは、メインの女の子にとっては大迷惑です。ですので、お酒が飲めないことをボーイさんにはしっかり把握してもらう必要があるのです。

秀でているものがあればなんとかなる

お酒が飲めなくて稼げるというような元キャバ嬢のブログ等、かなり多く目にします。彼女たちに共通しているのは、お酒を飲めない分努力している部分があるということです。まず、他の女の子よりかわいい。美容やドレスにお金をかけている。トークが面白い。癒される。飲めなくても酔っ払ったふりがうまい。など、お客さんを楽しませて、お酒が飲めないことが気にならないレベルの接客能力を身につけています。

まとめ:お酒が飲めないキャバ嬢は工夫と努力が必要!

お酒が舐めなくてキャバ嬢をやろうとしている女の子は、まずはお店選びを間違えないようにし、お店に協力してもらえる環境で働く必要があります。さらにお酒が飲めない分、秀でている部分を作る努力をしなければなりません。なかなか大変ですが、高額なお給料をハンデを抱えて稼ぐというのはそういうことなのです。