本文へ

枕営業ってあるの?

キャバクラなどの飲み屋で、お客さんとsexをすることによって売り上げを伸ばそうという枕営業。実際に存在します。明確な目的のある枕営業かどうかはともかく、お水で働く女の子の半分程度はお客さんと肉体関係を持った経験はあるようです。枕営業は効果があるのでしょうか。

 

やらずに済むならやらない方が良い

枕営業は「キャバ嬢とそのお客さん」という関係性を維持したいのであれば、やめておくに越したことはありません。愛人契約でも結ぶというのなら話は別ですが、キャバ嬢とsexをした時点でお客さんとしてはわざわざ会いにお店に行く理由がなくなってしまいます。

 

これはホストやスカウトマンの色管理とも共通することですが、恋愛において男性の場合はsexがゴール、女性の場合はsexがスタートという感覚の違いがあります。これを理解している男性は、肉体関係を持つことで女性をコントロールしようとするわけです。

 

ですが男性の場合はsexがゴールですので、女性が枕営業をすることで男性をコントロールするのは極めて難しいでしょう。M男等の特殊な性癖を持っていれば話は別ですが、大抵はキャバ嬢とsexをすれば男性客は満足してしまい逆に離れていってしまいます。彼の武勇伝の1ページに咥えられるのが関の山でしょう。

 

ですので、お客さんとして継続した売り上げにしたいなら、枕営業はオススメできません。

 

お店の同僚の評価を下げる可能性も

枕営業戦術をとる場合、自分がついたお客さんと片っ端から寝る癖がつきます。お客さんの継続来店率は下がるので、短いスパンでたくさんのお客さんを確保しなければならなくなるからです。

 

すると、「この店の女の子はヤレる」と勘違いした客が、他の女の子に対しても迫るといった二次災害が発生します。「あの子はヤラセてくれた」なんてお客さんの口から広められようものなら、女の子からは総スカンです。自分お客を取られた上に来店しなくなるという危険があるからです。

 

自分の接客スキルも下がる

sexでお客さんを手に入れるというのは、ある意味楽です。風俗で働いている女の子に多いですが、「会話やコミュニケーションが苦手だから、体でサービスをする方がいい」というケース。「風俗までは無理だけど、お客さんと話さなくていいからセクキャバやおっパブのほうがいい」というケース。むしろここまで割り切ってしまったほうがいいかもしれません。キャバクラで枕営業をし続けると、最終的には風俗行きの列車に乗ることになりそうです。

 

枕営業は基本しない姿勢が大切

フィーリングが合った男性と深い関係になるのは、男女の自然な流れでしょう。要はそれを仕事に結びつけるのは百害あって一利なしということなのです。お客さんといい出会いがないとは言いませんが、枕営業という感覚で寝るのはやめておいたほうが良いのです