本文へ

【エリア別】キャバクラのお客様はどんなタイプの男性?

お店のあるエリアによっても、キャバクラの客層はかなり異なります。自分にあったお店選びをするにはエリアも重要な要素です。一言に都内といってもバラエティ豊かですので、自分が得意な客層のエリアのお店を集中して探すのも良いでしょう。

 

新宿

水商売といえば歌舞伎町ということで、夜遊びをする男性が全国から集まります。飲み会の3次回、4次回でキャバクラへというサラリーマン、自営業っぽい人、パチンコで勝った人、何の仕事をしているのかよくわからないけど妙にお金を持っている若者、中国人・韓国人など、とにかく多彩です。歌舞伎町に行けば、あらゆる種類の男性の接客をする経験を積めるでしょう。

 

池袋

埼玉はもちろん北関東からも比較的アクセスしやすい池袋は、サラリーマンや学生など比較的若めの客層が中心です。お客さんにとっては、他のエリアと比べても安く遊べるお店が多いのがメリットです。若い女の子と遊びたいお客さんが多い傾向があります。

 

渋谷

渋谷のキャバクラはやや高めな料金設定ですが、可愛い子と遊べるのであればお金は払うというお客さんが多く訪れます。客層は若めで、学生から大企業の社長まで様々な人が訪れます。ノリがいいお客さんが多いので、パリピな空気が苦手だときついかもしれません。

 

上野

周辺に多くの企業が林立し、東北からの東京の玄関口ということで賑わうエリアです。他のエリアに比べるとやや庶民的で肩肘張らない感じです。女の子のルックスや若さ重視というよりは、面白くリーズナブルに飲めればいいというお客さん多数。

 

六本木

都内最高レベルのキャバクラが林立するエリアです。女の子のルックス、接客全てが最高峰のため料金も段違い。来店するお客さんはエリートビジネスマンや社長、芸能人、官僚など、富裕層ばかりです。女の子同士のバトルも最も熾烈で、生半可な覚悟ではすぐに淘汰されます。

 

銀座

一昔前は高級クラブのイメージでしたが、一般のサラリーマンでも通えるキャバクラも増えました。客層はほとんどサラリーマン、少し足を伸ばせば有楽町や新橋なので、周辺の飲み屋で飲んで2次回、3次回で訪れるニーズがあります。

 

郊外

都内より料金が安く、地元に住んでいる人が帰宅前や休日に訪れます。盛り上がる時間帯は都心より遅い傾向があり、店内滞在時間もやや長いです。学生から会社員、自営業まで収入も職業も様々です。

 

モチベーションに合わせてエリアを決める

気楽に働きたいなら新宿、池袋、渋谷、上野、郊外。ある程度気合があるなら六本木、銀座という感じになるでしょう。充実したキャバ嬢ライフを送れるようにあなたに合ったエリアを選びましょう!