本文へ

キャバ嬢仲間の人間関係で気を付けること

キャバクラって人間関係がドロドロしていてうまくやっていけるか自信がない、怖いというイメージを持っている方もいるはずです。正直それは組織で働いている限りどこでも同じなのですが、キャバクラはお金との距離が近いためよりドロドロした欲の部分が見えやすいということです。そんなキャバクラの人間関係で気をつけることはなんでしょうか。

 

派閥に深入りしない

これは入るお店とあなたの志次第というところもあります。派閥争いがそれほど激しくないようなお店であれば、フラットな人間関係を心がけ、全員と適度な距離をとって過ごせばいいのです。肝心なのは悪口を言わないことです。

 

しかし派閥争いが盛んなお店の場合、どこかの派閥に属さなければ店でやっていけないというケースもあるでしょう。派閥の売り上げが上がることで、派閥のトップのお姉さまから引き立ててもらえる、客を回してもらえるなどのメリットがあります。お店側も店の売り上げを上げるために派閥の競争を奨励しているところもあります。

 

しかし、往往にして雰囲気が悪いお店が多いため、「夜の蝶として六本木の女王になってやる」くらいのモチベーションがないと辛いです。副業や学生のキャバ嬢には荷が重いですし、付き合いきれないと感じてしまう女の子もいるでしょう。それが嫌なら早めに店を移ることも必要です。

 

連絡先を交換しない

お店によってはキャスト同士の連絡先交換を禁止しているところもあるくらいですが、キャバ嬢がプライベートで付き合うことでのトラブルというのは多いです。

 

最初は仲良くLINEしたりご飯食べに行くくらいだったのが、愚痴が増え精神的に不安定なメンヘラであることが発覚、借金の申し込みや宗教、マルチ商法への勧誘など仕事に関係ないところでのストレスが増えます。仲良くするなとは言いませんが、軽率な深入りは避けるべきです。

 

キャバ嬢同士よりも黒服とのコミュニケーションを大切に

女の子が見落としがちなのが、黒服への対応です。同僚のキャバ嬢とうまくやることも必要ですが、女の子にお客さんをつけ、フォローやドリンクの対応をするのは黒服です。黒服に好かれれば、いろんな便宜を図ってもらいやすくなりますし、フリーのお客さんをつけてもらいやすくなるでしょう。

 

キャバ嬢はお客さん以外の人間関係をシンプルに!

お客さんの営業だけでも日々大変なのに、キャバクラ内部の人間関係でダメージを食らうのではやってられません。お金を稼ぐことに集中するために、人間関係はできるだけシンプルに深入りしないことを心がけましょう。