本文へ

指名客を作ろう!指名をとるためのテクニック

キャバクラで働く上で指名客を獲得するのは、稼げるようになるために必須のテクニックです。

とはいえ、トークやドレス、メールなど必要と思われることはみんな同じようにやっていて差がつかないとお悩みの方も多いでしょう。

 

どうすれば指名客獲得可能性が上がるのでしょうか。

 

 「枕、ダメ、絶対」


基本的にキャバクラに遊びに来る男性の9割がキャストとsexできたらいいなとライトに考えています。

また、キャストをアフターに誘ってそのままホテルへという流れに生きがいを感じている客もいます。

 

ですので、このキャスト軽そうとか口説いたら落とせそうと思われた場合、ベッドインするまでの数回は熱心に指名してくれるかもしれません。

しかし、一回肉体関係を持った後はほぼ確実に店に来なくなります。プライベートで会おうとするのです。

 

また、体の関係をバーターにお店に来させるのを枕営業と言いますが、これだと疲れますし健康も心配です。時には全くタイプでない男性に体を開かないといけないのもストレスが溜まり精神状態が不安定になるでしょう。

 

女の子や客に噂も広められ、客の質が下がり風紀が乱れることを懸念し店からクビになる可能性も高いです。枕営業は絶対すべきではありません。

 

逆に客との肉体関係が苦でないのであればそもそも風俗店で働いたほうがよいかもしれません。稼ぎだけで考えるならば、キャバクラやラウンジで勤務できるほどの容姿なら、飲み屋に比べても相当稼げる可能性があります。

 

神は細部に宿る

さて、枕営業はダメという前提を押さえた上で、どのようにお客さんを指名客に変えていったらいいのでしょうか。

 

大切なのは個別性というところです。

 

一流のキャバ嬢は細かいところへの気配り、対応がしっかりしています。

 

店内での接客のポイント

店内での接客のポイントですが、まず「会話」です。会話を楽しめないとキャバクラにきている意味は100%ありません。

 

飲むだけなら居酒屋でいいですし、ヌキたいなら風俗に行けばいいからです。「キレイでセクシーな女性と(お客さんが)楽しく会話をしながら飲める」というのがお客さんのモチベーションです。

 

ですので、会話を楽しむという点においては「お客様のテンションを上げる」ことを考える必要があります。お客様のテンションは個別的な対応をするということです。賑やかか穏やかかは人によります。

 

例えばよくある「どんな男性がタイプ?」という質問にありのままの回答をするのはNGです。また「○○さんみたいな人がタイプかなっ」だと営業感が露骨すぎます。ですので「それ自分も一応当てはまってるっぽいな」くらいの期待感を持たせるような回答をするのが良いでしょう。

 

例えば特に無個性なサラリーマン男性に「知性があって怖くない人」と答えるのはありなわけです。またオラオラ系の腕力自慢な男性に「スポーツが好きな人」と答えるのもいいでしょう。とにかくどんな質問に対しても回答を一般化しつつ個別性を外さないのが大切です。

 

またお客様が帰るとき、もしくはあなたがシートを移動するときのクロージングも大切です。当然ここでは連絡先を交換することになります。多くのキャバ嬢はラインを交換するとありがとうというだけですが、ここで「ありがとう、あとでラインするね♪」と付け加えるだけでかなり印象が違います。客は次に来るのが営業メールだと思いながら交換しているので、もしクロージング通り、日常的なラインが一通でも届けば一気に女の子への期待感が高まるわけです。

 

店外での営業活動のポイント

さて、お客さんが帰ってから次に指名で来店させには連絡を取り合うことが必須です。ここで一斉送信的なラインやメールをバカスカ送っているキャバ嬢はうまくいきません。

 

もちろん来店期待値がそもそも低いお客さんに時間をかける必要はないので、中には一斉送信でいい客もいるでしょう。しかし、基本的には個別性の高い内容にする必要があります。

 

営業メールだとわからない方がいいのかどうか、というお悩みもあるでしょう。しかし、来店したら金がかかるのは向こうもわかっているので、明確な営業メールでもいいです。ただ、営業メールであっても「ただ来店お願いします」だけではいけません。

 

「今何してるんですか」「また飲みましょーよ」「いつお時間ありますか」「こないだ○○の話面白かったなー」など前回のトークの内容やその人の生活状況を踏まえてスケジュール感を聞き出す、聞き出したら最適なタイミングで再アプローチするという段階を踏んだ戦略が必要です。

 

まとめ:個別性を高めて指名客を獲得

お客さんはキャバ嬢が自分に向き合っていないと感じると、コミュニケーションを取るのが面倒になります。どうせ金落とせば誰でもいいんだろというわけです。

 

逆に個別性を高めた接客をすれば「他の男にもこの子の接客を味あわせたくない」というような嫉妬心を煽り来店につなげることもできるでしょう。