本文へ

新人キャバ嬢が指名を取るための基本5か条!

体験入店も終わり「早く指名を取らないと給料も上がらないしクビになっちゃうかも…」と焦ってる新人キャバ嬢の皆さん!今回は指名を取るためのイロハについてご紹介します。ガンガン稼いでハッピーなキャバ嬢ライフを満喫しましょう!

 

新人であることをアピール

どの職場でも新人は初々しくて可愛いものです。キャバ嬢も同じで、お客さんから可愛いと思ってもらえることはプラスになります。新人アピールは積極的に行いましょう。

 

新人が可愛いと思われるポイントは元気がいいことと一生懸命さが伝わること 。新人であることを客さんに伝えるのはいいけれども、「だから何?」と思われないように気をつけてください。

 

出勤日を固定してお客さんが会いにきやすくする

あなたのことをいいと思ったお客さんがいても、あなたがいつお店に出勤するのかわからないようでは、指名される可能性というのは減ってしまいます。

 

「せっかく自由な夜の蝶になったのにいつ働くかなんて決めたくない」という、自由奔放な女の子もいるかもしれません。しかし何の保証もない夜の世界でしっかりした収入を稼ごうと思ったら、結局はお客さんしっかり掴むことが必要なのです。

 

「自分がいる曜日に必ずお店に来てもらって指名してもらう」「他のお店や女の子に取られない」ために、出勤日は固定しましょう!

 

常に見られていることを意識し笑顔をキープ

キャバ嬢のお仕事は「お客さんのお酒の相手をする仕事」と考えている人は多いかもしれません。確かにその通りなのです、がそこにもう一つ重要な要素としてお客様に疑似恋愛をしてもらうという要素があります。「この子いい子だなぁ。かわいいなぁ」とか「この子自分のことを悪く思ってないはず」と、お客様に感じてもらわなければなりません。暗い顔をしてしまうといい印象はありません。

 

ですので、お客様の前では基本的にニコニコ笑顔でいる必要があります。新人のうちはつらいことや凹むことはあるでしょう。しかし、「自分はお客様の恋人を演じる女優だ」と思って、常にいい雰囲気を振りまくように心がけましょう。

 

指名客を作ろう!指名をとるためのテクニック

お客様ノートを作成

キャバ嬢は1日に何組も接客をします。お客様の情報は、頭の中だけで到底覚えられるものではありません。お客さんの名前と顔や喋った内容を思い出せないようでは、指名につながるチャンスは減ってしまいます。

 

ですので、毎日接客したお客さんのデータをノートやスマホのアプリに記録しましょう。データを蓄積することで、自分の接客の問題点や指名を取れるお客様の傾向が見えてきたりします。

 

お店のスタッフや先輩と仲良くしよう

入店したらまずはお店のスタッフと仲良くし、サポートしてもらう体制を整えましょう。お客さんのつけ回しや各種便宜をはかってくれるのはスタッフです。一生懸命指名を取ろうとしている女の子はお店としても応援したくなります。

 

また先輩キャバ嬢に色々と教えてもらう姿勢も大切です。基本的にはライバルということにはなりますが、団体や大事なお客様のヘルプに安心して呼べる女の子がいると言うのはありがたいのです。この子使えると思ってもらえるように立ち回りましょう!