本文へ

キャバクラの同伴とは?ナイトワーク初心者のための簡単講座

キャバクラのお仕事は接客中だけではなく、営業時間外にもやることはあります。

そのひとつが「同伴」。

同伴のシステムや、同伴にはどんなメリットがあるのか、ナイトワーク初心者の方のために分かりやすく説明していきますね。

 

 

「同伴」とは?

同伴とは、出勤前のキャバ嬢とお客様が食事や買い物をして、そのまま一緒にお店に行くことです。

 

キャバクラの開店時は、お客様の入りは良くありません。その時間帯に一人でも多くの客を確保するために考えられたのが同伴というシステムです。

では、お店ばかりが得をするのでしょうか?答えはNOです。キャバ嬢にとっても、同伴にはメリットがいっぱい!

上手に利用すればお給料や人気度がアップします。

 

 

 

「同伴」のメリットいろいろ

勤務時間外にお客様と過ごす同伴は、いわばサービスのようなもの。

同伴中に時給が発生するわけではないので、つい「面倒くさい」と敬遠しがちですが、同伴には見逃せないメリットがいろいろあります。

 

早い時間帯の勤務OK

キャバクラが混雑し始めるのは、だいたい22時頃からです。それまでは少ないキャバ嬢でもお店は回るため、早い時間帯の勤務をしたければ同伴をしてお客様を連れていきましょう。

長時間働きたい方は特に、開店時間に出勤できるメリットは大きいですよね。同伴をしないキャバ嬢はお店側に早い時間帯の勤務を断られることも多いようです。

 

指名が取れるので気が楽

同伴すれば確実にその日の本指名が取れるので、ノルマを気にする必要がなくなり気持ちに余裕ができます。ラクな気持ちでお仕事をしていると、その他のお客様からも喜ばれるような接客ができるので、好循環が生まれます。

 

お給料アップにつながる

同伴の回数が増えれば増えるほど売上が伸びて行き、お店からも期待されるようになります。時給が上がりやすくなるうえに、同伴は高額バックが決められているので、お給料が確実にアップします。

 

お客様と親しくなれる

お客様とプライベートの時間を一緒に過ごせば、お店だけのお付き合いのときよりも格段に親しくなれます。同伴中には、お客様についての個人的な情報も色々と聞き出せるので、会話のネタに困ることがなくなりますし、お客様のほうもやはり人間ですから会えば会うほどキャバ嬢に情が移って、定期的に来店してくれるようになるでしょう。

 

また、お客様が仕事関係の知り合いや友人を紹介してくれたりして、芋づる式に指名客が増えるオイシイ状況が生まれる可能性だってあるんです。

 

 

まとめ

同伴のシステムやメリットについてご紹介しました。

ちなみに、同伴の行先としては食事が最も多く、買い物や映画鑑賞などが続きます。基本的に遠くへ行かず2時間程度で終わるくらいがベスト。

お客様に「もうちょっとこの子と一緒にいたいな」と思わせるのが大切です!