本文へ

キャバクラで働く女の子はどんな子?私でも働ける?

これからキャバ嬢になる女の子は「自分でも働けるのか」「自分が考えているような働き方で大丈夫なのか」不安な方も多いのではないでしょうか。実際にキャバクラではどのような女の子達が働いているのかご紹介します。

キャバクラは何歳から働けるか

キャバクラは風営法で満18歳以上でないと勤務ができません。「ワリのいいバイトをしたい」とか「家が貧しくて家計を助けたい」などの理由で、18歳の高校3年生がキャバクラで働きたいというケースも耳にしますが、高校生NGの店がほとんどです。実は法的には違法ではないのですが、学生の場合トラブルになるケースが多いため店が自主規制しているというのが現状です。また入店できても学校の校則違反となり、退学になったりするケースがあります。

また二十歳未満の女子の場合、当然お酒は飲めません。ソフトドリンク・フェイクドリンクでの接客になります。未成年なのにお酒をガンガン飲ませるお店でないかも、確認が必要です。

キャバクラで働く理由

最近ではキャバ嬢が、なりたい職業ランキングの上位に入るようになりました。華やかなのが人気の理由のようです。

とはいえキャバ嬢の第一の魅力は高収入が狙えることです。学歴も年齢も関係なく指名客をつかむことさえできれば、同世代の女の子よりもお金持ちになれるかもしれません。

・とにかく稼ぎたい
・会社員のように週5で働かずに生活したい
・借金を返済したい
・シンママで家計のため
・昼職だけだと給料が足りないのでお小遣い稼ぎ
・将来事業をやりたいのでその資金づくり
・学費返済のため

など女の子は様々な理由で働いています。

キャバ嬢はルックス命?

キャバ嬢はカワイイ・キレイに越したことはありません。しかし、誰もが納得する美女でなければ、キャバ嬢になれないというわけでもありません。

実際「この子が?」という子が働いていたりします。見た目がいまいちで長く稼げている子は、接客能力が高い可能性が非常に高いです。もちろん最低限のルックスは必要ですが、衣装やメイクである程度は補えます。後は「どうやって指名をとるか」「どうやってお客様を楽しませるか」ということを考えることができれば、なんとかなるでしょう。

キャバ嬢メイク術「肌、作っていますから」いい仕事するファンデはこれ!

 

キャバ嬢は勤務形態自由?

キャバクラはシフトはもちろんありますが、昼職に比べれば自由度が高いです。週5でがっつり働く女の子もいれば、週3程度でのんびりそれなりに稼ぐ子、さらに週1や週2で昼職が終わった後に出勤する子など様々です。あなたのライフスタイルに合った働き方が選べるのは魅力的ですね。